CCエクステンションアイコン

Extensionでのmanifest.xml内アプリ対応バージョン記述方法

「AdobeCCのExtensionをBracketsで開発しよう」の第2回で紹介した。

<HostList>
  <!-- Uncomment Host tags according to the apps you want your panel to support -->
  <!-- Photoshop -->
  <Host Name="PHXS" Version="[15.0,15.9]" />
  <Host Name="PHSP" Version="[15.0,15.9]" />
  <!-- Illustrator -->
  <!-- <Host Name="ILST" Version="[18.0,18.9]" />-->
  <!-- InDesign -->
  <!-- <Host Name="IDSN" Version="[10.0,10.9]" /> -->          
  <!-- Premiere -->
  <!-- <Host Name="PPRO" Version="[8.0,8.9]" /> -->
  <!-- AfterEffects -->
  <!-- <Host Name="AEFT" Version="[13.0,13.9]" /> -->
  <!-- PRELUDE -->
  <!-- <Host Name="PRLD" Version="[3.0,3.9]" />   -->
  <!-- FLASH Pro -->
  <!-- <Host Name="FLPR" Version="[14.0,14.9]" /> -->
</HostList>

ここでは対応するCCアプリを定義します。CCアプリを表す4ケタのアルファベットとバージョン番号を属性値に書き込みます。

上記部分ですが、詳細が分かったので追加報告です。

バージョンの範囲を記述する

Illustratorを例にとりますと、バージョンは「Version=”[18.0,18.9]」とあります、これはバージョン18.0 から 18.9まで対応するよ。という意味みたいです、ですのでバージョン19に対応したい場合は、

×これはダメな例
<HostList>
  <Host Name="ILST" Version="[18.0,18.9,19.0,19.2.1]" />
</HostList>

ではなく、

<HostList>
  <Host Name="ILST" Version="[18.0,19.2.1]" />
</HostList>

とこれでバージョン18から19.2.1までカバーできることになります。

スポンサーリンク

CCになってから、いつの間にかバージョンが上がりがち

CCになってからはいつの間にか、ちょくちょくバージョンが上がるので、対応策として、

<HostList>
  <Host Name="ILST" Version="[18.0,19.9.9]" />
</HostList>

こういうに書いたほうがいいんではないだろうか、、、?

ちなみに、第2回ではバージョンの調べ方、メニューから「Illustratorについて」などで調べる方法を書きましたが、アプリケーションによっては書いてナインすねぇ、、、。なので、デスクトップ上でアプリケーション本体のプロパティを見てください。これだと確実です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です