CCエクステンションアイコン

作ったらやっちゃおう!自作Adobe ExtensionのzxpへのパッケージとExManCmdによるインストール 2/2

て、パッケージが完了したのなら「ExManCmd」によるインストールに参りましょう。CC2014(?)までは「Adobe Extension Manager」でインストールできたのですが、サポート終了とのことで、これからは「Adobe Creative Cloud」経由の「Adobe Add-ons」からのインストールとなります。

社内配布ならわざわざ登録することもない

社内で使用するものに、わざわざ登録するのもねぇ、とお感じのアナタ!(Add-onsでもプライベート登録なら、公開せずに限られた範囲内だけに配布することは可能です。)そこで、出てくるのが「ExManCmd」によるコマンドラインからのインストールです。直接インストールできる点では「Adobe Extension Manager」と同じです。

インストールにはExManCmd

まずは「ExManCmd」をダウンロード・解凍し、前回の「CC Extensions Signing Toolkit」よろしくcmd「コマンドプロンプト」を起動して、(Macのことはよくわかりません…が、「ターミナル」で似たような感じではないでしょうか?

まず、インストールする当該アプリケーションを終了させておいてください。使い方は、こういう感じです。

[ExManCmd.exeへのパス] /install [zxpパス]

今回は、成功してもサクセスメッセージが流れません。確認方法は、

[ExManCmd.exeへのパス] /list [アプリ名]

もしくは、すべてのCCアプリを検索する場合は

[ExManCmd.exeへのパス] /list all

私の場合です(相変わらず、Dドライブ直下)

D:\ExManCmd_win\ExManCmd.exe /install D:\ScripshonTrees.zxp

確認は、

D:\ExManCmd_win\ExManCmd.exe /list "Illustrator CC 2015.3"

もしくは

D:\ExManCmd_win\ExManCmd.exe /list all

インストールに成功していると、

1 extension installed for Illustrator CC 2015.3
 Status                        Extension Name                         Version
=========  =======================================================  ==========
 Enabled    ScripshonTrees                                               1.0.0

上記のようなリストメッセージが流れます。当該アプリケーションを起動して、動作を確認しましょう。

エクステンションにScripshonTreesが表示された

ちなみにアンインストールは

[ExManCmd.exeへのパス] /remove [Extension Name]

です、私の場合ですと

D:\ExManCmd_win\ExManCmd.exe /remove ScripshonTrees

スポンサーリンク

他にもコマンドがあります

他にもいろいろコマンドがあるみたいです。この3つだけで、まぁ基本こと足りるのではないでしょうか?

これでExtensionの「作成方法」・「パッケージ方法(直インストール)」の2つは前回連載のAdobeCCのExtensionをBracketsで開発しようと今回の連載で一区切りです。ぜひぜひ、皆さんもExtensionパネル作りにチャレンジしてみてくださいね! Add-ons申請に関してはコチラの連載Adobe Add-onsに自作Extensionを申請してみたをご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です