InDesignイベントリスナースクリプトアイコン

開くだけで勝手に分かっちゃう?インデザイン作成バージョンチェック!イベントリスナースクリプト「IDverChecker.jsx」

さん? どうですか? InDeisgnドキュメントの作成バージョンのこと、どう思ってます? 下位バージョンのドキュメントを上位バージョンで開くと、下記イメージの赤線部分のように、末尾に[変換]の文字が追加されます。でも、ただそれだけでは作成バージョンが分かりません。

もちろん「Adobe Bridge」で調べたり、もしくはshock tmサイトの「あどびノ夜叉」に放り込んでもいいですよね。でもそれが、もしドキュメントを開いたときにわかるとしたらどうしますか? そんな便利なスクリプトがここにはある!それがIDverChecker.jsx」です!

[変換]の文字が表示される

インストール方法

InDesignのスクリプトパネルから「エクスプローラーで表示」を実行し、

スクリプトパネルからならアクセスが早い

表示されたフォルダ「Scripts」内の「Startup Scripts」フォルダを開いて、

Script Pnelフォルダと同じ階層の

ダウンロードした「IDverChecker.jsx」を置いて下さい。

ここにスクリプトを入れると起動時に実行する

で、準備完了です、InDesignが立ち上がってるならば再起動をお願いします。

スポンサーリンク

使用方法

ドキュメントを開くとイベントリスナーが働き、バージョンチェックのスクリプトが自動で実行します。

◇下記はアラートの一例です。
アプリ:CS6 ドキュメント:CS4
InDesignCS4ドキュメントをCS6で開いた
アプリ:CS6 ドキュメント:CS5
InDesignCS5ドキュメントをCS6で開いた
アプリ:CC2015 ドキュメント:CS6
InDesignCS6ドキュメントをCC2015で開いた
アプリ:CC2015 ドキュメント:CS4
InDesignCS4ドキュメントをCC2015で開いた

使用バージョンと作成バージョンが合致していればアラートは出ません。

対応バージョン

InDesign CS2からCC2015まで。

注意事項

対応バージョンCS2からCC2015と書きましたが、テストはCS4・CS5・CS6・CC2015バージョンでしか行っていません(CS3のドキュメントがないので、CS4も未検証も同然!)。バージョンの判別は想像で行っておりますので、エラーが出る場合は適宜修正して下さい(もしくはアンインストール)。

バージョンによって返り値のルールが違う

何故かというと、CS6以上はアプリバージョンが「結果 : 8.1.0.420」でドキュメントバージョンが「結果 : Adobe InDesign CS6 (Windows)」という感じで出て、CS5以下はアプリバージョンが「結果 : 7.0.4.553」でドキュメントバージョンが「結果 : Adobe InDesign 7.0」という感じからなのです(CS5.5は未検証)。

上記のアラートのメッセージを見ると良く分かりますが、CS6以下のドキュメントはバージョンに「CS」の文字が付きません(というかCS6だけ「CS」が付くのか?)。CC(無印)からは「CC」が付くようです。ムチャクチャ分かりにくいのですが、とりあえず下記の通りにバージョンを合わせております。

バージョン6系統:CS 4
バージョン7系統:CS 5
バージョン7.5系統:CS 5.5
バージョン8系統:CS 6
バージョン9系統:CC(無印)
バージョン10系統:CS 2014
バージョン11系統:CS 2015

そんな「IDverChecker.jsx」 ダウンロードはコチラから

追記:2016/09/06 チェックのエラーが修正されて「IDverCheckerPlus.jsx」になりました。詳細はコチラの記事をご覧下さい。

便利だと思う度 ★★★☆☆
外からドキュメント来ない人 ☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です