InDesignスクリプトアイコン

画像配置スクリプト「NearPlace.jsx」がPowerUp!選択画像の階層でもダイアログが開く「NearPlacePlus.jsx」

クティブドキュメントの階層でダイアログが開く!「NearPlace.jsx」で作成した「NearPlace.jsx」ですが、更に使い勝手を良くしようと思い改良してみました。

アクティブドキュメント階層だけじゃ不満

同じ階層でダイアログが!

便利に使っていた「NearPlace.jsx」ですが、少し不満を感じ始めていました。なぜなら、ドキュメントと同じ階層のフォルダで画像を管理していたため、画像を差し替えようとする場面ではフォルダ内に階層を追わねばなりませんでいた。そこで「画像配置オプション.jsx」のコードを利用して、画像選択の判定を行ってダイアログを開くようにしました。

「新機能」選択画像の階層でダイアログを開こう

フォルダ内のファイルを配置

例えば、上イメージのような階層で「フォルダ」の「フォルダ内画像.psd」をドキュメント上に配置していたとします。

配置オブジェクト選択オブジェクト内画像選択

画像の選択の方法は上記イメージのように「画像の配置されたオブジェクト」・「画像自体」のどちらの方法でも構いません。画像を選択し、「NearPlacePlus.jsx」を実行すると、見事に選択画像の階層(フォルダ内)でダイアログが開きます(下記イメージ)。

一発で画像と同じ階層を表示

スポンサーリンク

ダウンロードは「あどびのすくりぷと」ページ

別の場所のリンク画像群でも素早く操作できます。ちょっとした細やかな心遣いで更に便利になって帰ってきた「NearPlacePlus.jsx」。ダウンロードは下記リンクから

→web site:shock tm 「あどびのすくりぷと」ページ

便利だと思う度 ★★★★★
Adobe Bridge使ってる人 ★☆☆☆☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です