InDesignスクリプトアイコン

インデザインのちょこっと環境設定共通化!プリントプリセット・PDF書き出しプリセット・プリフライトプロファイルの共通化をしよう!その為のスクリプト「IDPresetSet.jsx」

さん、周りの人と仲良くやってますか?みんなで環境を揃えたらもっと仲良くなれるのではないでしょうか? そこで今回はインデザインの設定を共通化するスクリプトをご紹介します。

便利な便利なプリセット&プロファイル

プリントプリセットやPDF書き出しプリセット使ってますか? 使ってるなら、気になる隣のアノ子とか、ライバルのアイツとかとも便利なプリセットを共用しちゃおうぜ? 定義するウィンドウから簡単に書き出せますよ。

Step1.設定ファイルを書き出す

各々の設定ファイルの書き出し方

  • プリントプリセットは「保存」ボタン。拡張子は「.prst」
  • PDF書き出しプリセットは「別名で保存」ボタン。拡張子は「.joboptions」
  • プリフライトプロファイルは「プロファイルを書き出し…」。拡張子は「.idpp」
プリントプリセット PDF書き出しプリセット プリフライトプロファイル

と、なんで微妙に違うんだ!? 特にプリセットの2つ!

Step2.設定フォルダをパス指定する

ファイルをフォルダにまとめよう

書き出したファイルをどっかにまとめて下さい(上記イメージは3種類とも同じ場所ですが、バラバラでもモチモロン構いません)。そして「IDPrisetSet.jsx」を開きフォルダのパスを指定します。変更するコードの場所は19~21行目の「★」で囲まれた範囲です(例:「C:/Users/SetFile」等。「/」[スラッシュ]で区切る)。

PDFPresetDefult("★PDF書き出しプリセットが収められたフォルダを指定★")
PrintPresetDefult("★プリントプリセットが収められたフォルダを指定★")
PriFrightDefult("★プリフライトプロファイルが収められたフォルダを指定★")

例:

PDFPresetDefult("C:/Users/SetFile/PdfPreset")
PrintPresetDefult("C:/Users/SetFile/PrintPreset")
PriFrightDefult("C:/Users/SetFile/PriFrightProfile")

スポンサーリンク

Step3.実行する

実行すると、警告ダイアログが出現します。お読みの通り、現在設定しているカスタムのプリセット・プロファイルは全て消去されます。大事な設定はファイルに書き出してバックアップを取って下さい。

警告ダイアログ(消せます)

ダイアログを出現させないようにもできます。「IDPrisetSet.jsx」を開いて、6行目の変数「Question」を「false」に変更します。

var Question=true//falseにするとダイアログ出ないモード

オススメの使い方は「ダイアログ出ないモード」に変更して、スタートアップスクリプトにすることです。起動毎に最新の状態になり、トテモ便利だとオモワレマス。

ダウンロードは「あどびのすくりぷと」ページ

さて、みんなで使って、みんなと一緒な設定に!仲良くやれよ、同じ会社の仲間じゃないか!の「IDPrisetSet.jsx」のダウンロードは下記リンクから
→web site:shock tm 「あどびのすくりぷと」ページ

出力がスムーズになる度 ★★★★☆
周りの人と仲良くなれる度 ★★★★★

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です