CCエクステンションアイコン

Windowsエクステンション開発者がMacintoshを借りれたら、、、迷わず自作zxpをインストールしてみよう!

載記事「作ったらやっちゃおう!自作Adobe ExtensionのzxpへのパッケージとExManCmdによるインストール 2/2」で紹介した、「ExManCmd」による自作エクステンションのインストール方法ですが、最新Macintoshでのテスト環境も行う機会が有りました。Adobe公式ページを参照し、すんなりインストールできると思いきや、ちょっと躓いた部分があったのでメモがてらインストール方法などをご紹介させて頂きます。

※Windows開発者がマカーの人にMacintoshを借りている。という前提の記事です。

Macintosh版「ExManCmd」の入手と下準備

まずはAdobeExchangeのページから「ExManCmd_mac」をダウンロードします。リンク先の「Download for Mac OS」のとこですね。そんで、解凍した「ExManCmd_mac」フォルダ中の「Contents」フォルダを「ホーム」フォルダに移動させます。「cd ~/Desktop」をしなくていので、、、、ラクです。そして、エクステンションファイル(拡張子:.zxp コマンド例では:ScripshonTrees.zxp)もホームフォルダに置きます。

あとがラクなのでホームフォルダに置きましょう!

なお、ダウンロードしたファイルなど解凍したファイルはごみ箱に捨てましょう。キレイにして持ち主に返すのです!これで下準備は完了です。

Adobe公式サイトのワナ

新規ウィンドウを出して「アプリケーション」フォルダに移動し、アプリケーション「ターミナル」を起動してコマンドを入力していきます。Adobe公式ページを見ながら、コマンドを打ち込んでみたのですが、、、、通らねえェ!ナゼ

何かがオカシイ...?

6.の説明通り「/Contents/Mac OS/ExManCmd –install ScripshonTrees.zxp」を打ち込んでみても、英語で「ExManCmdがないよ」(多分)と言われるばかり。う~ん、小1時間悩みました。すると、よく見れば…。

ナンダ、この「.」(ピリオド)は…

何だコレは!

じ、じか、じかんを返して欲しいんだな。つーわけで正しいコマンドは下記コードです。

./Contents/Mac OS/ExManCmd --install ScripshonTrees.zxp

持ち主に聞こう!

▲ちなみに、管理者権限が求められるのでマカーの持ち主に入力してもらってください。

スポンサーリンク

その他、イロイロなコマンド

もちろんインストールしっぱなしでなく、マカーの持ち主に返すときはアンインストールしてあげましょう。それが人として大事な優しさです。

アンインストールのコマンド

./Contents/MacOS/ExManCmd --remove ScripshonTrees

インストールの確認

./Contents/MacOS/ExManCmd --list all

インストールの確認(アプリ指定:Illustrator CC2015)

./Contents/MacOS/ExManCmd --list "Illustrator CC 2015"

「エクステンション」フォルダ構成の変更はダメ!

ところで、ScripshonTrees開発中に外部ファイル(xml)を下記のような感じでパスを決定して「エクステンション」フォルダに保存してたんですが、、、

var csInterface=new CSInterface();
var tempXml=csInterface.getSystemPath(SystemPath.EXTENSION)+"test.xml"

Windowsでは何ともなかったのですが、MacのIllustrator CCでテスト中にScripshonTreesからxml保存して終了→次回ScripshonTrees起動時にパネルが真っ白になる事態に見舞われました。同条件のPhotoShop CCでは下記のようなアラートがScripshonTrees起動時に出現しました。

見たこと無いダイアログだ!

どうもMacintoshでは「エクステンション」フォルダ内の構成を変更すると、違反になるみたいですね。Windowsだけでテストしてたら絶対に気付けませんでした、、、、。そういうわけでWindowsでエクステンション開発している方はお気を付け下され。

終わりのあいさつ

如何でしたでしょうか?慣れないMacintoshのターミナルに苦戦いたしました。しかし、やはりDTP従事者にはマカーの皆さんが多いので、Macintoshによるデバッグも避けて通るわけにはいきません。 それでは今回はココマデ! 良きエクステンション開発ライフをお楽しみください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です