CCエクステンションアイコン

microsoftのword書類(拡張子:.docx)を開けるインデザイン・イラレ・フォトショのエクステンションパネルを開発してみた。

ょっと思いついたので、久々にAdobe CC Extensionを開発してみました!今回はWordを起動しなくても.docx書類の中身が見られるちょっと便利なパネル、その名も「docXpal」です!

word・txtバッチコイ!

docxファイルも所詮xmlファイルがzip化されているだけ!

docxはzipファイルなのです!試しに拡張子を「.docx」から「.zip」に変更すると普通に解凍できちゃいます。

docxの正体はzip? これがdocxの中身だ!

というコトは、というコトはですよ? HTML5で解析できたら、Extension化できるではないですか!

docx(ついでにtxtも)をパネルドロップ化!

つーわけで、開発しちゃいました。過去にブラウザでzipの解析に挑戦したことがあったので、今回は割と時短開発でした。

サンプルのdocx書類

とりあえずWordで上記のようなdocxファイルをサンプルで作成しました。そいつをdoc-XPanelにパネルドロップ!

docxの中身が丸見え!

見ン事、パネル状のテキストエリアにテキストが取得できました。帝国軍司令室万歳だ!

スポンサーリンク

余談

いつからかこんな機能が...。

誤ってイラレ事態にドロップしたらナント開けました…。そうだよね、それくらいできるよね…無念。ン? でも「テキストボックス2」が無いのは気のせいか?

一時プレーンテキスト置場としても使えるな。そういう使い方、もしかしたら大アリかも知れない…。

ダウンロードはこちらから

そんな役に立つのか立たないのか分からない「docXpal」。モチロン無料です!新規ダウンロードはAdd-ons内docXpalのページから(下記リンク)。
→Add-ons:docXpal v1.0.1のページ
(詳しいインストール方法に関してはこちらのブログ記事を参照)。

自分で使ってる度:★★☆☆☆
ワ~ド?何それ:☆☆☆☆☆

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です