イラストレーターでインデザインライクなデータ結合を実現するCCエクステンション。その名も【dmAi】!

どうも、【変数】パネルを2年以上知らなかったshock tmです。今回は一度お蔵入りしようした企画です。

だってイラレで【データ結合】出来るなんて知らなかったんだもの。パっと見で無かったし、まさか【変数】パネルがソレだったとは、、、、。7割方、完成していたところだったのに…


そもそも【データ結合】とは?

「データ結合がなんだ?俺たちにも名誉ってもんがあるんだよ!」といつもやられてしまうビッグボンバーズのお二人さんに【データ結合】の説明を

InDesign でデータ結合パネルを使用すると、データソースファイル(CSV または TXT ファイル)を InDesign ドキュメントに結合することで、ドキュメントの複数のバリエーションを簡単に作成できます。

参考:Adobe InDesign でのデータ結合による定型レター、封筒または宛名ラベルの作成

ちなみに同機能とされているイラレの【変数】パネルは説明は下記。

Illustrator で変数パネルを使用すると、データソースファイル(CSV または XML ファイル)を Illustrator ドキュメントに結合することで、アートワークの複数のバリエーションを簡単に作成できます。

参考:変数パネルを使用したデータ結合

よーするに同じようなフォーマットが連続するとき便利だよーってことですね。

【変数】パネル=イラレ版【データ結合】?

しかし、イラレの【変数】パネルをちょっと使ってみて分かったんですが、インデザインの【データ結合】に慣れてるだけに、むっちゃ使いにくない?

使いにくいポイント

  1. 出力がバッチ処理(アクション)任せ
    • ドキュメント保存・PDF書き出しなど何をするにもバッチ処理からのアクション実行。ファイル名+番号も末尾に「000」が付与されるのが謎。

  2. UTF-8のcsvとxml形式のみ対応
    • txt(tsv・タブ区切り)形式は非対応。
  3. テキストポイント/エリアに1つしか変数をバインドできない。
    • その上、バインドする変数以外残せない。「No.001」とかだったら「No.」などの頭文字はの残せない。

  4. シングルレコードのみ対応
    • 出力すると大量のドキュメントが出来るんですけど、アートボードで作ってほしい…。

  5. オーバーセットテキストを注意してくれない
    • せめてアラート出してくれい!
  6. 日本語が怪しい(ファイルパス)
    • これは、まぁいつものことか?

1・2は我慢できても、3はかなり不便。あと4もドキュメントがバラバラになるのは結構ツラい。マルチレコードも必要でしょ? 5と6はいつものことです。

【変数】パネル≠イラレ版【データ結合】!

申し訳ないですが、こういう結論に達しました。んで結局途中まで作りっぱだったイラレ版・データ結合【dmAi】をやっぱり完成させることに、、、。

さて前置きが長くなりましたが、「イラレでインデザインライクなデータ結合をしたい!」を実現したCCエクステンション【dmAi】(data merge for Ai)をご紹介します。

dmAiで準備するもの

用意するものは
・テンプレートとなるIllustratorドキュメント
・CSVまたはTEXT(TSV)形式のデータソースファイル

Illustratorドキュメントはデータソースの対応フィールドを用意したものとなります。データフィールドも【dmAi】のパネルから挿入出来るので安心して下さい。

データソースファイルはフィールドとレコードの構成。つまり1行目のヘッダ行がフィールド名となります。カンマ区切り(.csv)またはタブ区切りファイル(.txt|.tsv)で作成している必要があります。

文字コードはUTF-8・UTF-16・shift-JISに対応しています。ちなみに画像フィールドだからって「@」付けなくても大丈夫です。

今回、使用するデモデータはこちらです。

早速、デモ開始!

1.イラレでデザイン作成

ではデモの開始です。まずはテンプレートとなるデザインの作成!今回は超人オリンピックの選手パスをデータ結合したいです。

上記のような感じでデザインを完成させました。テキストと「Player ID」部分は超人の属性別に色を変更したいのでシンボルで作成、画像も配置します。

2.データソースファイルを用意

今回、超人オリンピック委員会から頂いたExcelファイルからcsv形式に変換したのが下記データです。

名前,国,色,画像,番号
悪魔将軍,魔界,Red,akuma,001
キン肉マン,日本,Blue,kin,002
サタンクロス,魔界,Red,akuma,003
テリーマン,米国,Blue,,004
カレクック,インド,Blue,,005
ウォーズマン,旧ソ連,Blue,,006
ロビンマスク,英国,Blue,,007

前述の通り、画像・シンボルに特別な記号(@)は必要なく、画像へのパスも必要ありません。結合前にドキュメントの【Links】フォルダか任意のフォルダパスも設定できます。

拡張子も付与する必要がなく、ファイル名のみの記述でOKです、こちらも結合前に設定します。

なので、もらったExcelデータをあまり改変することなく使用できるので至極便利でないかい?

3.フィールドの挿入

次に2で作成したデータソースファイルを読み込み、完成したデザインにデータフィールドを挿入してテンプレート化していきます。

上記gifのようにデータソースファイルを選択するとフィールド名が読み込まれ、右にある3つのアイコンをクリックしてフィールドを挿入できます。左から【テキスト】・【画像】・【シンボル】です。

テキストフィールド挿入

画像フィールド挿入

シンボルフィールド挿入

各フィールドは選択範囲に挿入されます。何も選択していないときは、アートボードの原点位置にフィールドが作成されます。

4.各種設定します

パネルの下部にあるタブでいろいろ設定していきます。レコードタブ・マージンタブ、そして画像タブです。

レコードタブ

  1. 結合レコード範囲
  2. 複数/単一レコード
  3. 作成方向

マージンタブ

  1. ドキュメント端からの距離
  2. レコード間の距離
  3. アートボード間の距離

※単位は【mm】・【pt】に対応。四則計算にも対応。

画像タブ

  1. リンクフォルダパス
  2. フィールド枠へのフィット方法
  3. 拡張子

※リンクフォルダパスはドキュメントの【Links】フォルダか任意のフォルダパスです。拡張子は少ない方が速度UP、使用頻度高めのやつが先頭にあっても速度UPです。【|】(半角パイプ)区切りです。

5.データ結合(複数レコード)

いよいよデータ結合です。オブジェクトを全部選択し、ちょいと邪魔なのでアートボード外によけましょう。そんで【データ結合】をクリック!

ちなみに選択オブジェクトはグループでもバラバラでもどちらでも構いません。

すると「ズガガガガッ」っと出来上がります。どーですか?お客さん!ちゃんとテキスト・画像・シンボルがキレイにデータソースファイル通り配置されました。複数レコードなので、アートボード内に複数個の作成となります。

インデザインの【データ結合】と違い同一ドキュメント内の新規レイヤーに作成されます。レイヤー名はデータソースファイル名(デモ内では「選手証」になってます)。次のアートボードも追加してくれるので一つのドキュメント内で管理できます。

アートボードの限界値あります

しかし、アートボードの作成領域には限界があるので、ダメなときはダメって言います。アラートの言う通り、1つ目のアートボード原点を通常【0,0】ですが、思いっきりマイナスの値の左上に移動させて下さい。

5′.データ結合(単一レコード)

こちらは【単一レコード】でのデータ結合です。【変数】パネルと同じ仕様ですね。しかし、こちらも複数アートボードを追加するので、一つのドキュメント内で管理できます。

裁ち落としを考えて上と左のマージンを【-3mm】にすると丁度いいですね!

後で面付けする名刺などは単一レコードでデータ結合すると吉!

イラレで気軽に自動組版!

インデザインの本家【データ結合】に使い慣れた人ならすぐに使えそうですね!

しかも、本家にもない機能としてオーバーフローはテキストを変形させて収めることもできます!

さらに下記、B列のようなセル中改行にも対応しています。

csvに書き出すと、ダブルクォーテーション付きのテキストになりますが、

名前,国,色,画像,番号
悪魔将軍,"魔界
hell",Red,akuma,001
キン肉マン,"日本
Japan",Blue,kin,002
サタンクロス,"魔界
hell",Red,akuma,003
テリーマン,"米国
U.S.A",Blue,,004

しかし【dmAi】に取り込むと、いったん【<br>】に変換し、データ結合後に改行に変換します!

本家【変数】パネルにない機能

オーバフロー解消・セル中改行対応も含めて、【dmAi】にのみ搭載している機能は下記の通りです。

  1. オーバーフロー解消
  2. セル中改行対応
  3. 同一テキスト内に複数個の設定
  4. シンボル対応
  5. アートボード対応
  6. 複数レコード対応
  7. データソースファイルに画像パス・拡張子を記述しなくてもよい

フリー版とフル版があります

今回もフリー版とフル版があります。しかし、サブスクリプションにて1年1ドルでヤンス。つまり1か月約10円ですよ?

しかし、今回も安心して下さい!お試し期間中にフリー版で存分にデータ結合体験(9999レコード)をすることができます!気が向くまで9999ですので、気に入ったら購入お願いします。

dmAiの機能一覧

フル版 フリー版
レコード数 制限なし 10レコードまで
(お試し期間中9999レコード)
対応アプリケーション イラレストレーターのCC2014以降
対応データ形式 csv・txt・tsv形式
対応文字エンコード shift-jis・UTF-8・UTF-16
値段 1年1ドル(サブスクリプション) 無料

ダウンロードはこちらから

イラストレーターでインデザインライクなデータ結合を実現する「dmAi」。専用のスクリプト組まなくても汎用的に使えるので、「イラレで手軽に自動組版してみたい!」「インデザインのデータ結合が羨ましい!」って方には魅力的なエクステンションではないでしょうか?

ダウンロードはAdobeExchange内から(下記リンク)から。
→AdobeExchange:
フリー版:dmAi_freeのページ
フル版:dmAiのページ
(詳しいインストール方法に関してはこちらのブログ記事を参照)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です