CCエクステンションアイコン

AdobeCCのExtensionをBracketsで開発しよう 1/5

突然ですが、Adobe CCバージョンよりHTML5+JSXで容易にExtension(エクステンション:機能拡張)が開発できるようになりました。

ExtensionIcon

HTML5ベースになりハードルが下がった

インターフェースをHTML5+JSで記述するため(「Chrome」ベース)、それ相応の知識は必要ですが、(容易はどうした!)jQueryやその他色々なJSプラグインが使えるため、かなり凝ったものが作れそうです(CS6まではFlashベース)。Bracketsのプラグインも公開され始めてますので、ここがチャンス到来と見ました。今回から5回(たぶん)シリーズでExtensionの開発日記を記していきたいと思います。

ちなみにCC2015くらいから「Adobe Extension Manager」による拡張機能の追加が行えなくなってます。公式(サードパーティー含)なものは「Adobe Add-ons」から追加を行う模様です。つまり審査してもらい、通ったら公式追加が行えるというものです。まぁ安全ですよね、、、。いろいろ登録されているみたいなので、興味のある方はいろいろ探してみてください。

後述するつもりですが、非公式(コマンドラインから)に追加する方法もあります(→ExMan)。練習で作るものなので、この方法で追加したいと思います。なので、この連載で作っていくのはCC2015対応のExtensionです。

開発環境を整える

第1回目は開発環境を整えます。まず「Brackets」をインストールします。

これがBracketsだ!
ダウンロードはここから

BracketsはAdobeが公開している無料のコードエディターです。無料なのに多機能で最近はもっぱらコレを使ってます。これ使ってると、Dreamweaverの出番が減ります。大丈夫か!Dreamweaver!がんばれ!Dreamweaver!

Dreamweaverの応援も終わった頃にインストール完了していると思いますが、インストールが終わったら、起動してウィンドウの右端にある「機能拡張マネージャー」ボタンを押して下さい。

Bracketsの初期画面

スポンサーリンク

機能拡張開発のための機能拡張をインストール

そうです、機能拡張を開発するための機能拡張をインストールします!出てきたウインドウの右上の検索ボックスに「Creative Extension」とかで検索し、「Creative Cloud Extension Builder」をインストールしてください。

Bracketsのプラグイン検索画面

何かを応援する間もなく、インストールが終わると、メインウィンドウに「CC Extension Builder」というメニューが増えてますので、そこから「New Creative Cloud Extension」を選択!

CC Extension Builderがメニューに追加された

そんだら、Extension名とユニークIDを決定し、

CC Extension Builderの新規作成画面

これで開発環境は整いました。下記画像が初期状態です。

CC Extension Builderの新規作成からの初期画面

う~ん、これホントに5回で終わるのか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4 thoughts on “AdobeCCのExtensionをBracketsで開発しよう 1/5

  1. Hello! I’ve been following your web site for a long time now and finally got
    the bravery to go ahead and give you a shout out from Dallas Tx!
    Just wanted to mention keep up the fantastic job!

  2. 初めまして。
    昨日私CEPを初めて触りました。
    ExtendScriptなどはある程度触れるのですが、CEPを作成するにあたりこの記事に辿りつき、大変助かりました。ありがとうございます。
    ただ、現在つまずいております。
    プログラムの内容を簡素化にすると
    1.indexにて入力フォーム(数値)があります。
    2.入力フォームで受け取った(数値)をExtendScriptに渡し(PRアプリ)処理。
    3.アプリからデータを受け取る(例えば(数値)番目のマーカーの時間)
    4.indexにて表示
    というものになります。
    そこで、index → ExtendScriptへのデータの受け渡しなど、もしお時間のある時にご教示頂けたら幸いです。
    宜しくお願いします。

    1. shock tmです。
      お返事遅くなりました。

      もうすでにExtendScriptが触れるというなら話は早いです。
      連載の第4回目を両の眼でもう一度しっかりとご覧下さい。

      「パネル側のjsとアプリ側のjsxの連携」のところです。
      jsxに変数を渡すコードをいつの間にか追記しておきました。

      しかしながら、フォーム取得のコードが抜けているので
      下記のようなサンプルコードを教示してみます。

      —index.html—
      <input type=”text” id=”scl”>
      <input type=”button” id=”scaleBtn” value=”ボタン” onclick=”init();” />

      —main.js—
      var csInterface = new CSInterface();
      function init() {
      var scale=document.getElementById(“scl”).value ;
      //var scale=$(“#scl”).val();//jqueryならこうだ!
      csInterface.evalScript(‘strReturn(“‘+scale+'”);’,function(dat){
      alert(“.js側:\n”+dat);
      });
      };

      —hostscript.jsx—
      function strReturn(str){
      alert(“.jsx側:「”+str+”」確かに受け取った!”);
      return str+”を返します!”;
      };

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です